​Ⅰ.ジャンル分け文

​B. 「反差別原論」への断章

(1)今、何が必要なのか?  61

(3)反暴力主義・非暴力・実力闘争
・反差別主義宣言65
(5)民主主義の二つの意味68
(7)差別の総体的、根源的とらえ返しを78
(9)国家主義的扇動批判81
(11)フェミニズムと「障害者運動」の「不幸な対立」82
(13)環境破壊と社会変革84
(15)「現実的に」ということ86
(17)健康は義務なのか―介護保険制度における義務規定―88
(19)「自己決定」の名のもとでの「死へ誘う医療」批判91
(21)コロナウィルスの感染症対策の
論点整理(2)93
(23)コロナウィルスの感染症対策の
論点整理(3)94
(25)コロナウィルスの感染症対策の論点整理――その後96
(27)「政治とは権力の行使」なのでしょうか?99
(29)コロナウィルスの感染症対策の論点整理――その後2  101
(31)コロナ感染症対策とトリアージ103
(33)ポピュリズム政治ついて105
(35)「二〇二〇東京オリンピック」を問う108
(37)コロナワクチン批判のデマ扱い110
(39)三つの封印すべき技術――原発、臓器移植、遺伝子操作112

「反障害通信」に掲載していた文です。時系列で番号をふっています。テキストの名の後の数字は「通信」の号数です。

(2)なぜ、差別を問題にするのか?65
(4)民主主義の基底としての情報保障68
(6)民衆の国境を越えたユニバーサリーゼーションの運動を76
(8)天皇制と障害・差別問題
(10)社会変革への途81
(12)ナショナリズム(民族主義、国家主義)に対峙し超えるために83
(14)六つの共同幻想とそこからの自立85
(16)バイオテクノロジーは「障害者」
にとって何を意味するのか?87
(18)反差別―反国家主義―反資本主義の運動を!90
(20)コロナウィルスの感染症対策の
論点整理92
(22)6つの安全保障問題93
(24)コロナウィルスの感染症対策の
論点整理(4)95
(26)国家主義が世界を跋扈している98
(28)菅政権のなさんとしていること100
(30)新自由主義とファシズムの隆起102

(32)歴史忘却主義者・修正主義者の虚言104
(34)なぜ、日本はデジタル「後進国」になったのか?106
(36)コロナ感染症対策の非論理性109
(38)オリンピック、廃止か改革か?111