Ⅲ.「吃屹」各号一覧 No2(7~13号)

「吃音者解放研究会準備会」→「吃音者・反差別研究会」名で発刊

 1990年6月から1995年6月まで(7~13号)

   巻末に「反差別論序説草稿」掲載(ここでは省略)

「吃屹」7号  90.6

k0702「吃音者宣言」十四年目の悪夢   k0703差別語の四つの形態

 

「吃屹」8号  91.5

k0802Aさんへ       k0803「共に歩む」論の深化のために

 

「吃屹」9号  92冬

k0902レーナ・マリアさんのこと   k0903自立という概念を巡って

k0904続・ボランティアと共生   k0905「被差別者の性格問題」

k0906聞こえないこと-聴覚障害-聴覚障害者

 

「吃屹」10号  92.5

k1002ADA法によせて     k1003書評『みんなが手話で話した島』

k1004ろう(あ)者-聴覚障害者-続・差別語の四つの形態-

 

「吃屹」11号  92.7

k1102全通研東京支部『支部ニュース』編集部御中

k1103書評-柴谷篤弘2冊    k1104手話サークル論

 

「吃屹」12号  92.10

k1202障害-病気の負価値    

k1203フェミニズム・ノート-家父長制概念について-

k1204福祉と労働とフェミニズム

 

「吃屹」13号  92.6

k1302『吃屹』の再刊と今後について 

k1303徳見さん解雇撤回への署名とカンパのお願い

k1304書評 今村仁司2冊       k1305オウム

k1306吃音者を巡る差別語の問題について

k1307吃音者にとって手話とは?   k1308書評 小澤勲3冊

k1309「もっと話がしたい-吃音克服への道のり」

k1310発達保障論批判-言友会への関わりの中から